宮城旅行記

【詳細解説ブログ】宮城県 青根温泉♨️山景の宿 流辿別邸「観山聴月」宿泊記【全7室露天風呂付の贅沢宿】

宮城県、青根温泉、山景の宿 流辿(りゅうせん)別邸 観山聴月(かんざんちょうげつ)へ行ってきました。青根温泉は蔵王連峰の東側に広がる温泉街です。

観山聴月は2013年、第1回旅館甲子園(旅館甲子園は宿泊産業で働く魅力や経営理念、おもてなしへの想いなどを評価し、日本一の宿泊施設を決める)グランプリを受賞した旅館で、全7室が露天風呂付客室という贅沢な宿です。

今回は、そんな観山聴月の最も高級な客室「碁石」に泊まってきました。温泉の露天風呂が2つある贅沢な客室です。

この記事では、観山聴月がどんなホテルなのか、本館に当たる流辿を含めた館内と、碁石のお部屋とお風呂の詳細、豪華夕食と朝食まで、ブログでフルレビューします。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

created by Rinker
¥100,000
(2022/05/17 06:02:30時点 楽天市場調べ-詳細)

目次

宮城県川崎町 青根温泉 流辿別邸 観山聴月に宿泊してきましたので、ホテル館内の様子、客室、客室露天風呂、貸切風呂を含めたお風呂、豪華夕食と朝食まで宿泊記をブログでご紹介します

青根温泉 流辿別邸 観山聴月 基本情報

青根温泉とは

青根温泉は、蔵王連峰の東側(宮城県側)に広がる温泉街で、伊達藩ゆかりの歴史ある温泉です。

蔵王山麓の緑に包まれた静かな保養に適した環境で、6軒の旅館と1件の日帰り温泉からなっています。

青根温泉 流辿別邸 観山聴月 基本情報

公式ホームページ

青根温泉 流辿別邸 観山聴月の公式ホームページはこちらです。

観山聴月は山を見て月に聞くというをコンセプトに、「四季を愉しみ贅を尽くす 標高530メートルのスイートルーム」とホームページでうたわれています。

2009年に流辿別邸としてオープンし、全7室すべてが露天風呂付客室(40㎡)で、まさにスイートルーム仕様となっています。そして、すべてのお部屋に名前が付いていて、レイアウトやお風呂のデザインが異なっているのが特徴です。

観山聴月の宿泊者は、本館に当たる流辿の施設(貸切風呂を含む)が利用可能となっています。

  • 客室数:全7室
  • 駐車場:40台(無料)
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:11:00

チェックインが早目でアウトが遅めのため、ゆっくり滞在できるのは嬉しいですね^^

青根温泉 流辿別邸 観山聴月 場所

住所:〒989-0908宮城県柴田郡川崎町青根温泉17-1
TEL :0224-87-2617

【アクセス】

自家用車:山形自動車道 宮城川崎IC→国道457線で約15分

JR:東北本線 仙台駅から車で約60分

観山聴月 客室

全7室 すべて半露天風呂付(碁石と本砂金は半露天+露天) 40㎡

  • 碁石
  • 本砂金
  • 川内
  • 支倉
  • 前川
  • 今宿
  • 笹谷

となります。なお、本砂金、支倉、笹谷は2名用の客室です(ほかは4名)

今回宿泊したのは露天風呂と半露天風呂がついている碁石(ごいし)です

観山聴月 温泉について

弱アルカリ性単純泉(低張性高温泉 pH7.4)で、加水ろ過なしの100%源泉かけ流しとなっています。泉温は約50℃。青根温泉内7源泉の内6源泉をブレンドした混合泉となっています。

観山聴月は各部屋に露天風呂が付いていますが、本館の流辿の大浴場、貸切風呂も利用可能です。貸切風呂は料金はかからず、30分だけ好きな時にお借りすることが出来ます。

  • [種類] 温泉 大浴場 露天風呂 天然温泉
  • [泉質] 単純温泉 低張性弱アルカリ単純泉
  • [効能] ストレス 美肌効果 疲労回復

今回の宿泊プランの紹介

今回はホテルの公式サイトで予約しました。

今回のプランは旬の味わいシリーズ一泊二食【seasons】です。

宿泊費は1泊2日、2食付き、大人2人子供1人で110,000円(大人1名44,000円)[消費税・サービス料込]でした。

created by Rinker
¥100,000
(2022/05/17 06:02:30時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。