旅行関連

【詳細解説ブログ】栃木県 鬼怒川温泉♨️星野リゾート界 鬼怒川 露天風呂付和室宿泊記

栃木県、星野リゾート界 鬼怒川へ行ってきました。

界鬼怒川は、界日光、界川治とともに、日光周辺の星野リゾート界の3つの温泉旅館の一つで、とても人気のあるホテルです。今回は紅葉のピークと思われる時期に行ってくることが出来ました。

今回は界 鬼怒川の露天風呂付和室に宿泊してきました。

この記事では、界 鬼怒川がどんな宿なのか、お部屋とお風呂の詳細、豪華夕食と朝食まで、ブログでフルレビューします。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

目次

栃木県 星野リゾート界 鬼怒川の露天風呂付和室に宿泊してきましたので、ホテル内の様子、客室、客室の露天風呂、館内のイベント、大浴場、豪華夕食と朝食まで宿泊記をブログでご紹介します

星野リゾート界 鬼怒川 基本情報

星野リゾートとは

星野リゾートといえば、雑誌やメディアでもよく取り上げられる有名な総合リゾート運営会社です。

一方で、星野リゾートといえば経営難に陥った旅館やリゾート地を再生させて、よりグレードアップすることでも知られています。

星野リゾートは、宿泊施設だけでも大きく分けて5種類あり、

  1. 星のや(ラグジュアリーホテル:竹富島、軽井沢など)
  2. (温泉旅館:日光、箱根、加賀など)
  3. リゾナーレ(リゾートホテル:八ヶ岳、熱海、トマム)
  4. そのほかの個性的な宿泊施設(青森屋、磐梯山、比叡など)
  5. OMO(カジュアル:旭川、大塚)

と分類されます。

1の「星のや」が最もラグジュアリー(値段が高い)で、5に向かうほどリーズナブル(値段が安い)になります。

今回宿泊した星野リゾート界は、「王道なのに、あたらしい」をテーマに全国各地に展開する星野リゾートの小規模温泉旅館ブランドで、2021年現在、全国で19施設あります

鬼怒川温泉について

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉で、箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれる温泉です。

約40軒のホテル旅館の他、リゾートマンションや企業の保養所などが連なり、市営の公共浴場や足湯の他、民間の入浴施設も多数あります。

温泉自体は、源泉湧出量が豊富ではないため、加水・加温・循環がされた温泉が主体で、基本的にはアルカリ性単純泉となっています。

星野リゾート界 鬼怒川 基本情報

公式ホームページ

星野リゾート界 鬼怒川の公式ホームページはこちらです。

2015年11月に新規オープン、全48室で露天風呂付客室(20室)、一般の和室や、ペットと宿泊できる客室があります。

  • 客室数:全48室
  • 駐車場:無料
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:12:00

チェックアウトが12:00と、一般のホテルより遅めに設定されているのは嬉しいところですね(大浴場の利用は11:00まで)。

星野リゾート界 鬼怒川 場所

住所:321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝308
TEL :0288-70-3301(ホテル直通)

【アクセス】

自家用車:日光宇都宮道路今市ICから国道121号線経由で約25分

JR:新宿駅~鬼怒川温泉駅からダイヤルバス(路線バス)で約15分

星野リゾート界 鬼怒川 客室

客室は全48室、温泉露天風呂付きの和室(20室)と一般の和室、ペットと過ごせる和室があります。

今回宿泊したのは露天風呂付き和室(定員3名)です

たびくる(ブログ管理人)
たびくる(ブログ管理人)
温泉旅館でペットと過ごせる露天風呂付の客室があるところはかなり珍しいのではないでしょうか

星野リゾート界 鬼怒川 温泉について

源泉は鬼怒川温泉となります。

  • 源泉名:鬼怒川温泉
  • 泉質:アルカリ性単純温泉
  • 大浴場:内湯、露天風呂

他にお部屋の露天風呂があります。

今回の宿泊プランの紹介

今回は星野リゾートの公式サイトから予約しました。

今回のお部屋は露天風呂付和室宿泊費は1泊2日、2食付き、大人1人で68,625円[消費税・サービス料込]でした。

なお、今回は星野リゾートの楽天ふるさと納税を利用しました(画像をクリックすると楽天のふるさと納税サイトにリンクします)。

100,000円の寄付で、3万円分の宿泊券となります。さらに楽天ポイントもつくのでとてもお得です。ふるさと納税の枠が余っている方は利用してみてはいかがでしょうか?

星野リゾートはホテルによっては公式サイトからしか予約できず、また予約の際に全額事前決済なので注意が必要です。この辺りはできれば改善してほしいところですね。

栃木県 星野リゾート界 鬼怒川 露天風呂付き和室に宿泊してきましたのでブログにてご紹介します

ホテルの概要

まずはホテルの概要をご紹介します。

エントランスまではケーブルカーで

野リゾート界鬼怒川は2015年に新規オープンした宿で、駐車場からはケーブルカーでフロントへ向かいます。


界鬼怒川の入り口です。


こちらはケーブルカーのターミナルです。大谷石が使われた外観はとても高級感があります。


奥にケーブルカー乗り場があります。


こちらがケーブルカーです。5人くらいは乗ることができます。


ケーブルカーで自然の中をゆっくりと登ります。周囲は針葉樹が中心で、紅葉はあまり見られませんでした。

エントランス~館内


左側がエントランスです。


フロントロビーです。


夜のフロントロビーです。


こちらはラウンジのようになっており、中庭の景色が見えます。


フロント前には益子焼の作家さんと代表作が展示されています。美術館のようですね。


エントランスには益子陶琴といわれる大型のつぼが展示されています。こちらは楽器として、益子焼ナイトで使います。


フロントのカウンターにも益子焼の陶器が展示されています。


ロビーには豆皿ギャラリーと言われる長い棚があり、上には小皿が多数展示されています。全部益子焼かと思いきや、実はそうではありません。

この小皿も益子焼ナイトで利用します。


棚の下段には書籍や大谷石、鹿沼組子などが展示されています。


麦茶や紅茶、コーヒーなどがフリードリンクになっていました。


売店です。売られているものは界オリジナルの商品や栃木の民藝品が中心です。


界オリジナルのお菓子類です。


栃木の民藝品、黒羽藍染です。


こちらも栃木の有名な民藝品である益子焼のコーヒーカップとお皿です。


こちらは鹿沼組子。


ドリンクも売られていましたが、こちらは界オリジナルのソフトドリンクと、鬼怒川温泉ビールでした。

チェックイン~お部屋紹介

チェックイン


チェックインはお部屋で行いました。

夕食の時間(17:30と19:30から選択します。今回は17:30としました)、朝食の時間(8:00としました)を確認します。なお、夕食の時間は予めホームページから予約可能です。少々中途半端な時間設定は気なりますね・・・

お部屋の露天風呂の説明です。お湯の温度は41℃設定となっています(個人的にはとてもいい設定でした)。

館内着は作務衣が用意されていて、スリッパとともに館内は作務衣とスリッパで移動可能です。

温泉露天風呂付き和室 お部屋レビュー

界鬼怒川の客室は全48室、内20室が温泉露天風呂付きの和室となっています。その他に、露天風呂付きペットルーム、一般の和室が用意されています。


今回のお部屋は207号室、温泉露天風呂付き和室(定員3名)です。


キーホルダーは鹿沼組子デザインのおしゃれなものでした。


玄関です。入ってすぐ畳になっていて、和の雰囲気です。


まずはベランダへ出てみます。ベランダの床は栃木県産の大谷石という大型の石になっています。


ベランダからはこんな感じです。手前は樹木の植えられた庭園風になっていて、紅葉が綺麗です。奥には紅葉の山が見えます。


ベランダにはチェアとテーブルが有り、くつろげます。


あらためてお部屋です。

8帖の和室がリビング、奥にある和室(フローリングの小上がりがあります)も8帖、全体で40㎡となっています。

間接照明主体でやや薄暗くなっています。


テレビは小さめで、壁掛けになっています。その下のテレビ台もシンプルな構成です。


こちらの床の間のようなスペースには益子焼の壺。


ソファの頭側の障子には黒羽藍染の染め物がアクセントになっています。


お茶菓子です。日光の雅という和菓子と、伝統塩バターという界オリジナルの飴が用意されていました。


こちらがパンフレットです。お部屋の配置図です。


温泉の泉質はアルカリ性単純泉(低張性高温泉)pH8.5。源泉かけ流しではなく、加水・濾過ありとなっています。


星野リゾートといえば充実した館内エンターテインメントが有名ですが、特に界では「ご当地楽」というそれぞれの地域の特徴を楽しめるおもてなしをしています。

界鬼怒川でも「益子焼ナイト」というご当地楽を体験することができます。こちらについては後でご紹介します。

他には「温泉いろは」という界の湯守りが温泉の楽しみ方や鬼怒川温泉の泉質について紹介する機会も用意されています。こちらは当日16:00~となりますので、希望の方はその前に申し込むといいと思います。こちらも後ほどお見せします。


さらにお部屋には、「鹿沼組子」「大谷石」「益子焼」「黒羽藍染」などの栃木の民藝品が豊富に使われています。


お部屋でwifiが利用できますが、通信速度は20Mbpsと十分でした。


ベッドルームです。リビングと同じくらいの8帖くらいの広さになっています。

フローリングの小上がりのようになっていて、セミダブル程度のローベッドが2つ敷かれています。


ベッドスローには黒羽藍染めの染織物が利用されています。


ベッドの頭側には鹿沼組子の小型のついたてがありました。


クローゼットにはシンプルに作務衣、足袋、陣羽織のような上着がありました。


ミニバーです。上にカップ、下にはポットと木箱があります。


コーヒーカップは益子焼です。


木箱の中にはコーヒーとお茶のセットがありました。コーヒーは界オリジナルで、茶わんは益子焼です。


冷蔵庫にはお水とビールが入っていました。お水はもちろん無料ですが、ビール(KIRIN ハートランド:440円)は有料です。


お風呂までの通路に洗面があり、トイレも洗面内にありました。


ウォッシュレット付きのきれいなトイレです。


洗面もシンプルになっています。


アメニティは風呂敷に入っていました。


こちらの風呂敷、バッグの作り方も説明されていて、大浴場などに持ち歩きそうです。この風呂敷は持ち帰り可能です。


石鹸やローションなどは界オリジナルのボトルに入っています。


お風呂の前にはシャワールームがありました。


シャンプー類も界オリジナルボトルです。


そしてこちらがお部屋の温泉露天風呂です。お湯ははじめから満たされています。

無色透明、無臭のお湯で、pH8.5のアルカリ性単純泉です。源泉かけ流しではなく、加水・加温・ろ過あり(温度は集中管理)となっています。


朝の景色はこんな感じです。ブラインドがあるので解放感としてはそれほどではありませんが、外の景色もまずまずみえています。

たびくる(ブログ管理人)
たびくる(ブログ管理人)
栃木の伝統工芸品をふんだんに利用したこだわりのお部屋はとてもいい感じでした。お風呂は若干狭めでしたが、解放感、景色はまずまずです。源泉かけ流しというわけではありませんが、お部屋で温泉に入れるのは嬉しいですよね^^

お風呂上りに湯上りビールを注文


お風呂上りに「湯上りビール」頼んでみました。

ビールは界オリジナルの「至福の湯上りビール」、湯上りでも飲みきれる200mlの小瓶になっており、益子焼のビアグラスに注ぎます。

おつまみは、天然熟成大谷の生ハムロースとたまり漬けチーズがこれまた益子焼のお皿の上に上品に盛られています。

電話でお願いするとお部屋まで持ってきてもらえますので、お願いしてみてはいかがでしょうか(料金は1,100円、注文は18:00までとなっています)。

界 鬼怒川 大浴場

界鬼怒川には男女の大浴場(内湯、露天風呂)があります。貸切風呂はありません。許可をいただいて大浴場を撮影させていただきました。


大浴場入り口の暖簾です。今回は男性大浴場を撮影させていただきました。


脱衣所です。部屋数が48室の割には広めの印象です。洗面には甲オリジナルボトルのアメニティがあります。

男性大浴場 内湯


男性大浴場、内湯です。十和田石でできた湯舟の上には木があしらわれています。10人以上は入れそうな大きな湯舟になっています。

お湯は無色透明無臭、加水ろ過ありのpH8.5のアルカリ性単純泉です。


壁のライトには鹿沼組子のカバーがかけられていました。


洗い場も十分に確保されています。

男性大浴場 露天風呂


大浴場、露天風呂です。こちらも石でできたお風呂で、5-6人程度入れそうです。


屋根は半分程度かかっていますが、解放感は十分です。お湯の泉質は大浴場他と同様です。


周囲は低めの柵に囲われていますが、上の方からは山が見えています。

大浴場 湯上り処


湯上り処は小上がりのようになっており、外の景色を見ることが出来ます。


ドリンクやショウガゼリーなどがありました。


リンゴジュース、麦茶など。


アイスキャンディーもありましたよ^^

お楽しみの夕食


こちらが食事会場です。


半個室のようになっています。


テーブルの上には箸と献立のみ。



メニューは秋の和会席。


【先付け】牛肉とラッキョウのタルタル とちおとめのドレッシング

なにやらカゴのようなものに入っていますね^^。


最初から素晴らしい一品。ローストビーフとらっきょうのたまり漬けにとちおとめのドレッシングが添えられています。


【煮物椀】甘鯛、海老芝煮、しめじ、三つ葉


【宝楽盛り 八寸】鶏と干しブドウの松風、渋皮栗の白和え、スズキの棒寿司、海老の紹興酒漬け いくら、白玉クルミ味噌、サンマ丸 ずんだ、鮭の幽玄焼き


【お造り】マグロ、ホタテ、マス


【揚げ物】ホタテ真薯蓑揚げ、野菜(レンコン、栗)の天ぷら、抹茶塩


【蓋物】レンコン餅、茄子、香煎ごぼう、べっこう飴


【旬彩土鍋ごはん】もみじ鯛の割り地焼き、松茸、白舞茸


【留椀】赤だし


【甘味】界鬼怒川特製 豆乳羹ゆず風味

星野リゾートらしい館内イベント

温泉いろは


食事の前に、温泉いろはに参加してみました。チェックイン日の16:00ころに開催されます。


担当の方が、鬼怒川温泉の歴史、泉質などを解説した後、入浴中や入浴後にできるストレッチを紹介してくれました。

夕食後はご当地楽「益子焼ナイト」

星野リゾート界といえば、充実した館内イベントが特徴です。

そして、界では、それぞれの地域の特徴的な魅力を楽しめる、伝統工芸、芸能、食などを満喫できるおもてなし「ご当地楽」が用意されています。

界鬼怒川では、「益子焼ナイト」というイベントがありましたので、参加しました。


益子焼ナイトは毎晩21:00からロビーで行われています。参加は自由ですが、座席数が限られていますので、早めに会場へ足を運ぶことをオススメします。


始まる前に、あらかじめ、こちらのフロント前にある、「豆皿ギャラリー」(益子焼のお皿だけではありません)から、3枚のお皿を選びます。こちらを利用して参加型のイベントが行われます(内容についてはネタバレになるため割愛します)。


こんな感じでテーブルにお皿が用意出来たら始まりです。


「益子焼マイスター」が益子焼の特徴や歴史、器の楽しみ方を紹介します。

最後に上でご紹介した益子陶琴と呼ばれる界 鬼怒川オリジナルの楽器を利用して演奏が行われます。

伝統工芸品である益子焼の魅力を見つめ直し、「用の美」の面白みを感じることが出来るすばらしいイベントでした。

中庭の景色


界鬼怒川の中庭の景色です。中庭は散歩することが出来ます。紅葉していてとても見事でしたよ。

界 鬼怒川 朝食


朝食は夕食と同じ会場でした。


朝食のメニューです。


こちらが朝食です。中央の箱を開けたところですが、こちらの箱は鹿沼組子の立ち格子木箱ということでした。

納豆、しもつかれ、焼き魚(サワラ)、鶏ごぼう、温泉玉子、巻き湯波あんかけ、小松菜と油揚げのおひたし。

チェックアウト


チェックアウトはフロントで行いました。

実際宿泊して良かった点、気になった点

今回、星野リゾート界 鬼怒川に宿泊しましたが、良かった点や気になった点など上げてみたいと思います。

宿泊してよかった点

地元栃木の民芸品を大切する界の理念

エントランスからフロントロビー、豆皿ギャラリー、益子焼ナイト、そしてお部屋の中まで、栃木の民芸品に囲まれていて、まるで美術館に泊まっているような雰囲気です。

星野リゾート独特のエンターテインメントが素晴らしい

フロントまでのケーブルカーに始まって、温泉いろは、益子焼ナイト、湯上りビールなど楽しめる要素がたくさんあって、館内で十分に楽しめるのは星野リゾートのいいところですね。

気になった点

予約が取りにくい

界は基本的に公式サイトからの予約のみとなっており、予約時全額決済(キャンセルは規定による)となっています。

現地決済で比較的キャンセルがしやすい宿の予約と比べると、個人的には予約がしにくいシステムのような気がしています。

お部屋のお風呂は小さすぎる印象

お部屋のお風呂は大人一人にしても少々小さすぎる印象です。温泉の温度はとてもいい感じで調整されていました。

栃木県 鬼怒川温泉 星野リゾート界 鬼怒川 まとめ

星野リゾート界鬼怒川 まとめ
  • 鬼怒川温泉 星野リゾート界鬼怒川の温泉露天風呂付客室に宿泊しました
  • 地元の民芸品や星野リゾートらしい館内エンターテインメントを満喫できた宿泊でした
  • 食事は夕食朝食ともに地元の食材を利用した適度な量の和食でした

ホテル内で楽しめる工夫がされているのは星野リゾートのいいところですね。栃木の民芸品を大切にしているところもとても好感が持てました。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

本記事が、鬼怒川温泉 星野リゾート界鬼怒川の情報を知りたい方や、これから行こうと検討している方々の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。