山形旅行記

【詳細解説ブログ】山形県 あつみ温泉 萬国屋【プロが選ぶ日本の宿100選】露天風呂付客室宿泊記

山形県の日本海側、あつみ温泉、萬国屋へ行ってきました。

萬国屋は、プロが選ぶ「日本のホテル・旅館100選」になんと40年以上も連続して選ばれている創業三百年余の老舗旅館です。

今回はそんな萬国屋の最上階、ロイヤルスイートという最高級の温泉露天風呂付の客室に宿泊してきました。実は元々はプレミアムスイートの予約だったのですが、空いていたためアップグレードしていただきました!

この記事では、萬国屋がどんなホテルなのか、ロイヤルスイートのお部屋とお風呂、豪華な夕食と朝食まで、ブログでフルレビューします。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

目次

山形県鶴岡市、あつみ温泉、萬国屋のロイヤルスイートに宿泊してきましたので、客室露天風呂、豪華夕食と朝食、ホテル館内の様子までブログでご紹介します

あつみ温泉 萬国屋 基本情報

あつみ温泉とは

あつみ温泉は、山形県鶴岡市の温海川沿いに連なる山形を代表する温泉街です。

千年以上の歴史を持つといわれ、弘法大師の夢枕に童子が立ったとか、傷ついた鴨が足を浸しているのを木こりが見つけたとかいろいろな説があるようです。庄内藩主酒井忠勝公が入国した際に、湯役所が設けられ、以来湯治場として栄えてきたとされます。

あつみ温泉 萬国屋 基本情報

公式ホームページ

萬国屋ホテルの公式ホームページはこちらです。

萬国屋のコンセプトは山を楽しみ水を楽しむ「楽山楽水の桃源郷」とのことです。四季の彩り豊かに豊かな湯が奏でる癒しの空間です。

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれたおもてなしの心は、300年間守り続けられている萬国屋の哲学とされます。

  • 客室数:全104室
  • 駐車場:280台(無料)
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:10:00

萬国屋 場所

住所:〒999-7204山形県鶴岡市湯温海丁1
TEL :0570-00-8598

【ホテルへのアクセス】

自家用車:日本海東北自動車道 あつみ温泉ICから車5分

JR:羽越本線 あつみ温泉駅からタクシー5分

飛行機:庄内空港から車40分

あつみ温泉 萬国屋 客室

  • 特別室 ロイヤルスイート、プレミアムスイート、ジュニアスイート
  • 本館 スーペリア、和室、デラックス和室
  • 中央館 和室、デラックス和室

などのお部屋があります。今回宿泊したのは温泉露天風呂付きロイヤルスイートです。

萬国屋 温泉について

大浴場と露天風呂があります。

  • [種類] 温泉 大浴場 露天風呂 サウナ 天然温泉
  • [泉質] 硫酸塩泉 塩化物温泉 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
  • [効能] 外傷 慢性消化器病 リウマチ・神経病
    (萬国屋 公式ホームページより)

※1階大浴場「桃源山水」および貸切風呂は、令和元年6月18日の山形沖地震により被害を受け、 内風呂は現在復旧中です。

今回の宿泊プランの紹介

ホテルに直接予約

今回は萬国屋の公式ホームページから予約しました。

今回のプランは

【お食事は個室確約】ご夕食・ご朝食どちらも安心の個室でごゆっくり…♪人気の山形牛しゃぶしゃぶ付き

というプランでした。

温泉露天風呂付プレミアムスイートの宿泊費は1泊2日、2食付き、家族3人(大人2人、子供1人)で137,800円(大人55,000円/人、子供27,500円)でした(休前日)。

山形県鶴岡市 あつみ温泉 萬国屋 ロイヤルスイートに宿泊してきましたのでブログにてご紹介します

萬国屋 エントランス~館内のご紹介


まるで武家屋敷のような、お城のような、とても歴史を感じさせるエントランスです。


とても雰囲気のいいエントランスです。


フロントロビーです。左にフロントがあります。

吹き抜けの広い空間になっていて、上には大浴場と本館を結ぶ通路が見えます。


エントランスと反対側からフロントを見てみます。


奥に進んでみます。左側では浴衣を借りることができます。


売店「華篭」です。かなり大型の売店で、工芸品、お土産から飲食まで一通り売っています。


萬国屋オリジナルピーカンナッツです。


あつみ温泉名物の温泉まんじゅう「あつみまんじゅう」です。


350年続く萬国屋の歴史を象徴する北前船の模型が飾られていました。


1階の大浴場の前には湯上り処として大きなラウンジがあります。


ラウンジからは見事な日本庭園が見えます。


駄菓子屋さんがありました。

他に、コーヒーやソフトドリンクをフリーで飲むことができました。

萬国屋 チェックイン


さて、チェックインです。和服姿の女将さんが出迎えてくれます。


自動ドアを入ったところで、検温と消毒です。


カウンターでチェックインです。食事の時間やお部屋のチェックをしました。

公式ページからの予約特典として館内で利用できる利用券1,000円分をいただきました。


ふるさと納税の利用券を50,000円分利用しました。


お部屋まで案内してもらいます。

萬国屋 温泉露天風呂付 ロイヤルスイート お部屋レビュー

特別室フロア 山水亭


エレベータ前です。10階の特別室フロアには4室あり、ロイヤルスイート、プレミアムスイート、ジュニアスイート2室です。

今回宿泊したのはロイヤルスイートの1021早蕨(さわらび)です。


さすが特別フロアだけあって、廊下の雰囲気も豪華です^^


ロイヤルスイート前の廊下からみると、一番奥に見える扉がプレミアムスイート、左に2つ見える扉がジュニアスイートです。

露天風呂付のお部屋はロイヤルスイートとプレミアムスイートのみですが、ロイヤルスイートは川側でプレミアムスイートよりいい景色となっています。

今回はプレミアムスイートで予約していたのですが、ロイヤルスイートが空いていたということで、こちらのお部屋にしていただけました^^

差額はわずかですが、景色のいい部屋にしてもらえたのは嬉しかったです^^。普段比較的高級な部屋に泊まっているということもありますが、温泉宿でのアップグレードは珍しいと思います。

萬国屋 ロイヤルスイートルーム 1021号室 早蕨 レビュー


では、早蕨の室内に入ってみます。


玄関は畳敷きでとても広くなっています。純和風の佇まいですね^^


玄関の奥にトイレとベッドルームへの扉があります。

ロイヤルスイート リビングルーム


本間(リビング) 15畳の和室と広縁です。

お部屋は全体で15畳本間 + 6畳副室 + 10畳ツインベッドルーム / 露天風呂付となっており、定員は10名までとなっています。


広縁はカーペット敷きとなっており、豪華なソファーとテーブルが置かれています。

そしてこの奥からの景色は・・・


あつみ川と山並みがみえる絶景が広がっています。


広縁の脇にはミニバーと冷蔵庫がありました。


冷蔵庫には何も入っていませんでした。


中央のテーブルには左からミネラルウォーター、おしぼり、お茶菓子。


座椅子の肘置きはまるで昔の殿様の椅子のようです。


お茶菓子は萬国屋オリジナルの元禄餅でした。


お部屋でwifiが利用できます。しかも通信速度がかなり速いです。


パンフレット内の館内説明図です。


大浴場は男女交代制になっており、チェックインした当日しか入れないお風呂がありますので注意が必要です。


リビングの続きです。床の間も広くて立派ですね。


クローゼット。大浴場に持っていけるかごがあります。

タオルや浴衣、足袋、陣羽織など。


テレビです。大きさは40インチくらいでしょうか。


こちらが6畳の副室です。完全な和室になっており、奥の押し入れには布団が入っています。

もともと10人まで宿泊できる設定ですので、こちらは多人数の際の寝室として利用するものと思われます。

ロイヤルスイート 客室露天風呂と内風呂


副室から更に奥に行くと、内風呂と露天風呂へ通じる扉があります。


こちらは着替えスペースのようなところです。


ガラスの扉を開けると、檜内風呂と、奥に露天風呂が見えます。


内風呂側にシャワーブースがあります。


こちらはシャンプー類です。


内風呂からは山の景色がある程度見える程度です。


そしてこちらがお楽しみの露天風呂です。

湯船は下が石でできていて、上には木の枠が囲っています。

周囲には大きな石とコンクリートが敷かれています。


お風呂は源泉かけ流しになっています。


お風呂につかりながらでは山しか見えませんが、立ち上がるとあつみ川から山まで一望できます。

ロイヤルスイート 洗面


こちらが洗面です。アメニティは一般的なものでした。


男性用、女性用の化粧品です。


シンクは一つです。そして、奥には更に扉が・・・

ロイヤルスイート ベッドルーム


扉を開けると、大きな洋室がありました。


奥にはベッドがあり、要するにベッドルームになっています。こちらは10畳の広さです。


立派なベッドです。中央にはやや年代物のスタンドライトがあります。


こちらの部屋にも小さめのテレビが置いてありました。

ロイヤルスイート トイレ


トイレは男性用のトイレもありました。


通常の洋式トイレです。ウォッシュレットももちろんついています。

萬国屋 大浴場のご紹介

萬国屋には大浴場が3つあり、それぞれ男女別に入ることのできる時間が決まっています。

男性の場合、チェックイン当日には、3階の「楽水」しか入ることが出来ないため、注意が必要です。

1階大浴場 桃源山水


本館1階の大浴場、桃源山水です。男性は朝~昼のみ入浴可能になっています。


(公式ホームページより)

こちらの大浴場は内湯が修復中とのことで、かなり狭いお風呂になっていました。

露天風呂については、写真のようなかなり大きな石(岩)の露天風呂になっており、仕切りでいくつかのスペースに分かれていました。

上は完全に開放されており、周囲は樹木が見えるような景色になっていました。

お湯はお部屋と同様の無色透明、無臭のお湯になっていました。

3階 大浴場 楽山・楽水


3階の大浴場、楽山・楽水はフロント上につながる通路を通ってから2つに分かれています。


こちらが楽山への通路です。


(公式ホームページより)

楽山については、石の大きな湯舟と、奥に見える丸型の湯舟があり、奥の湯舟では「シルクバス」と呼ばれる白いお湯(実際には微小な泡で白く見せているだけでしたが)が特徴でした。

露天風呂は今一つでしたが、シルクバスはなかなか楽しめるお風呂でしたよ^^


(公式ホームページより)

楽水は、かなり大きな石の湯舟があるお風呂でした。ただ、楽山と同様に、露天風呂は狭く、解放感もあまりなくて少々残念でした。

お風呂が3つあるのはいいのですが、地震の影響もあり、どのお風呂も一長一短ある感じでした。貸切風呂と内風呂の修復が早く終わってくれるといいのですけどね・・

個室での夕食

さて、お楽しみの夕食です。今回のプランは

【お食事は個室確約】ご夕食・ご朝食どちらも安心の個室でごゆっくり…♪人気の山形牛しゃぶしゃぶ付き

というものでした。


こちらが夕食会場の個室です。浴室やトイレがありますので、元々は宿泊できるお部屋だったのだと思います。


8畳程度の和室で食事をいただきます。


窓からはあつみ川が見えます。


冷蔵庫には飲み物が入っており、基本的にはこちらから出して飲んでほしいとのことでした(有料です)。冷蔵庫にない飲み物は注文することも可能です。


こちらが大人用のお膳です。食前酒、前菜、小皿、凌ぎ、吸物、肉料理が配置されています。


子供用のお膳です。チャーハン、スパゲッティ、グラタン、エビフライ、から揚げ、蕎麦、ハンバーグなど


こちらがメニューとなります。メインは山形牛しゃぶしゃぶです。


【前菜】季節の小鉢五種盛り(つぶ貝、カニ、タイの煮凝り、そら豆豆腐など)


【凌ぎ】もろへいや蕎麦

【皿物】マスの木の芽焼き、あんず


【肉料理】山形牛のしゃぶしゃぶ 出来上がってきました~^^


【肉料理】山形牛のしゃぶしゃぶ


【吸物】ハマグリ土瓶蒸し


【造里】マグロ、カンパチ、スズキ、ボタンエビの刺身


【煮物】季節の炊き合わせ 枝豆まんじゅう


【蓋物】フォアグラのフラン(茶わん蒸し)


【止め椀】山菜汁 田舎味噌仕立て

【お食事】つや姫 メニューには「はえぬき」と書いていましたが、今回はつや姫でした^^

右にあるサクランボの漬物でいただきます。


【デザート】本日のおすすめ クリームブリュレ

あつみ温泉 朝市

朝食の前に、朝市に行ってみました。4月~11月の朝5:30~8:30まで開催されています。

朝市の会場はホテルから歩いて2-3分程度のところにあります。


こちらが会場です。


半分以上のお店はシャッターが閉まっていました(T_T)。

奥には温泉神社の礼拝所が見えます。


こちらのお店でわらびとタケノコを買いました^^

個室での朝食

朝市での買い物と、朝風呂入浴も終わり、お楽しみの朝食です。

今回の朝食は何と「鯛づくし」!。鯛めし、刺身、鯛茶漬けをいただきました~^^


お部屋は夕食と同じお部屋でした。


こちらが大人用のメニューです。

鯛の刺身、鯛の煮つけ、アサリの味噌汁、温泉卵、サラダなど。


こちらが子供用の朝食です。

焼き鮭、ソーセージ、ナゲット、サラダ、温泉卵、ケーキなど。


そしてこちらが鯛めし(通常の白米も用意されています)。


「庄内鯛茶漬けのお召し上がり方」まであって完璧です!

最初は鯛めし、次にお刺身、最後にお茶漬けです。


刺身を乗っけて出汁をかけてのお茶漬け、絶品でした~^^

特に朝食が素晴らしかったですね。まさか鯛づくしの朝食がいただけるとは思っていませんでした^^。特にお茶漬けが良かったです。

チェックアウト


チェックアウトです。

多少並んでいましたが、ほぼスムーズに終了しました。

ふるさと納税の利用券も無事利用できました^^。

あつみ温泉 ばら園とローズガーデンカフェ

チェックアウト後、ばら園に寄ってみました。

あつみ温泉 ばら園は6月~10月に開かれており、約90種、3000本のバラが植栽されています。


こちらがばら園です。訪れたのが6月だったので、まだ3分咲きといったところでした。


噴水にたくさんのバラが浮かべられてとてもきれいです^^。


ばら園の下にはローズガーデンカフェがあります。こちらがお目当てでした^^


どれがアイスでどれが本物のバラかわかりますか??

ピスタチオとカシスのアイスをいただきましたが見た目も味もとても良かったです^^

実際宿泊して良かった点、気になった点

今回、あつみ温泉 萬国屋に宿泊しましたが、良かった点や気になった点など上げてみたいと思います。

宿泊してよかった点

ロイヤルスイートというにふさわしい広いお部屋と露天風呂

今回、最高級のロイヤルスイートに泊ることが出来ましたが、やや古いながら、とても広いお部屋で、景色も良く、満足度は高かったです。

露天風呂も川は見えないものの、解放感は十分で、湯舟も広くいいお風呂でした。

川の見える個室での夕食と朝食

個室での夕食も朝食もどちらもとても良かったです。

特に朝食の鯛づくし、最後のお茶漬けは朝から贅沢で最高でした^^

気になった点

貸切風呂、大浴場がいまひとつかな・・

地震のためとはいえ、施設の一部(貸切風呂、離れの部屋)がいまだに使えないのは少々残念でした。予約の際には注意が必要です。

あと、楽山と楽水の露天風呂がどちらもちょっと露天風呂と言えるようなものではなかったのは残念でしたね。

山形県 あつみ温泉 萬国屋 まとめ

萬国屋 まとめ
  • 萬国屋の最高級客室である、ロイヤルスイートに宿泊しました
  • お部屋はとても広く、露天風呂もいいお風呂でした
  • 大浴場と貸切風呂については少々残念でした

300年以上の伝統あるホテルで、もちろん十分に素晴らしいホテルではあるのですが、どの辺がプロに選ばれているのかはわからずじまいでした^^;。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

本記事が、あつみ温泉 萬国屋の情報を知りたい方や、これから行こうと検討している方々の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。